HOME>トピックス>生活用品にも利用されているマイクロヒーターの特徴【柔軟性に富む】

生活の中で使用されているヒーター

私たちが生活の中で使用しているヒーターには、様々な加熱方式があります。多くの家庭で使用されているヒーターのひとつに電気ストーブがありますが、電気ストーブのヒーターにはアルミキャストのマイクロヒーターが使用されているものもあります。

マイクロヒーターの特徴

作業員

マイクロヒーターとは

マイクロヒーターは、直径が1mm〜6mm程度の極めて細い管状のヒーターです。元々は工業用に開発されたヒーターですが、フレキシブルで簡単に曲げることができるため、汎用性が高く、家庭用のヒーターにも採用されています。

マイクロヒーターの原理

マイクロヒーターの構造を詳しく説明すると、管状の伝導体の中に、無機絶縁物で覆われた発熱体(ヒーター)を封入しています。絶縁物には、主に酸化マグネシウムが使用されています。ヒーター部分が直接空気に触れないため、ヒーターの寿命が長く、幅広い温度範囲で使用できます。

マイクロヒーターのストーブ

家庭用の電気ストーブには、このマイクロヒーターが搭載されている製品もあります。最近では、電気式の暖炉が人気を集めています。マイクロヒーターの電気暖炉は、見た目はまるで薪ストーブそのものですが、費用が安くてメンテナンスの必要もありません。

生活用品にも利用されているマイクロヒーターの特徴【柔軟性に富む】

作業員

ヒーターやアルミキャストの購入方法

アルミキャストヒーターを搭載した電気暖炉は、ヒーターを取り扱う専門の業者のほかにネットでも購入できます。設置工事の必要はなく、一般的な電気ストーブと同じようにコンセントにつなぐだけですぐに使用できます。本体の重量は加熱容量が小さい製品なら6kgほどしかなく、女性が独りで持ち運べます。
オリジナルのヒーターを作るためにアルミキャストヒーターだけを購入したい場合は、ヒーターを製造している会社にネットを利用して直接問い合わせることも可能です。

広告募集中